Press "Enter" to skip to content

少ない枚数のオリジナルTシャツを安く作る方法

近年では運動会や学園祭などの学校行事やサークル活動でのイベントなどでオリジナルTシャツを作る団体が増えています。団結力を高めて士気を上げ、イベント後には思い出に残るグッズとして人気を集めているようです。そんなオリジナルTシャツですが、近年では個人で利用される方も増えています。アーティストのライブ時に友達同士でオリジナルのデザインTシャツを着たり、結婚祝いに新婚夫婦に贈ったりと、活用の幅はどんどん広がっています。オリジナルだと思い入れのあるグッズや共通のイメージなども活かしたデザインのTシャツを作れ、それほどコストがかからない点も人気の秘訣のようです。友達同士でオリジナルTシャツを作りたい、自分の好きなデザインのTシャツを着たい、数枚だけオリジナルTシャツを用意したい、でも少量だからコストはあまり掛けたくない、掛けられない、そんな希望を叶える方法をご紹介します。

オリジナルTシャツを業者に依頼して低コストで作るには

オリジナルTシャツを業者に依頼する場合、インクカラーの種類が多くなると印刷代が嵩んでしまうので、なるべくシンプルなデザインにする必要があります。業者によってはカラー数に関わらず何色使っても一律料金というところもあるので、写真を使いたい場合や使用したいカラー数が多い場合はそういった業者を最初から選んでおいたほうが良いかもしれません。デザインの範囲や数にも同様のことが言えます。少ロットの発注でも良いかどうかは先に確認しておいたほうが安心ですが、業者選びの時から、1枚から、小ロットからと明記されている業者から選択したほうが効率的です。シルクスクリーンなど版を作る印刷方法を取っている業者の場合は、10枚以上頼んだほうが1枚あたりの価格は安くなります。学生の場合は学割が適用される場合もあるので、割引のキャンペーンなどはよく確認しておきましょう。

オリジナルTシャツは自作することもできます

オリジナルTシャツは、自分でも作れます。熱転写のシートに希望のデザインを印刷して、その図柄はアイロンを使って生地に圧着する方法です。Tシャツのカラーや素材、洗濯回数によってシートにも向き不向きがあるので、注意書きをよく読んで、適したシートを使用しましょう。Tシャツそのものを選ぶ際にも、適した素材を選ぶよう心がけましょう。伸縮性のある素材や目の荒い生地ではうまく作れません。自分で作れば、納期を気にしなくてもよく、好きなデザインを好きなように配置して作成することができます。材料費はかかりますが、業者に依頼するよりも安く作ることができる点でもおすすめです。ただ、印刷や圧着時に失敗する可能性はどうして発生してしまいます。心配がある場合は、最初から業者に依頼したほうが安心です。なお、実際の選定の際には、いくつかの業者に見積もりを取ることをおすすめします。