自分でも車を塗装することができます

業者に頼まないで自分で愛車に塗装をする塗装DIYが、最近密かなブームになっています。しかし、実際にいざやるとなると何から手を着けていいのかよく分からないという人も結構います。塗装DIYをする前に、車を自家に塗装する際に基礎知識を知っておくことが必要です。一口にスプレーで塗装を吹きかけると言っても、塗装方法には下の2種類の方法があります。それは缶スプレーで塗装する方法とスプレーガンを使って塗装する方法です。また、缶スプレーとスプレーガンは、塗装する時の難易度が全く違うので注意が必要です。スプレー缶で塗装を行うのは結構難しく、ノズルから出る塗料の量がまちまちでムラが出やすいですが、スプレーガンを買うより安く済みます。使用する前に40度くらいのお湯で缶を温めると、少し使い安くなるのが特徴です。

初めて車を塗装する人にはスプレーガンがお勧めです

また、スプレーガンを使って車を塗装すると、スプレー缶で塗装するより霧の質が高くて塗装がしやすいです。しかし、必要な道具も多く、エアトランスフォーマーやコンプレッサーなどを購入しなければ塗装をすることはできません。そのため、費用がスプレー缶に比べてとても高くなってしまいますが、初めての人には塗りむらの出ないスプレーガンを使って塗装をすることをお勧めします。塗装に必要な道具を揃えたら、始めにぼかし剤を吹きかけましょう。ぼかし剤をかけることによって、カラー染料独特のざらざらした感じを抑えることが出来ます。ぼかし剤を吹き掛けたら、マスキングされているところにスプレーを試吹きしてみて、染料の色や出方をあらかじめ確認します。ここで試し吹きを怠る人が意外と多くて、失敗の主な原因になっています。ぼかし剤が乾く前にペイントを素早く行い、その後でクリアーペイントを行うのがお勧めです。

車を缶スプレーで塗装する時は下地処理が一番大事です

初めて車を塗装するけど、缶スプレーでやってみたいという人は、次のような手順で塗装を行うことをお勧めします。手順は大まかに下地処理、下地塗り、本塗り上塗りの4つです。缶スプレーで塗装を行う時に重要になってくるのが、下地処理と下地塗りです。ここをしっかりとすると、塗料のノリが変わってきます。下地処理というのは、塗料のノリがよくなるように塗装する部分を事前にならすことです、具体的には、サビや汚れを洗剤などで洗い流し、320から400番の耐水ペーパーで磨きます。耐水ペーパーは、必要な分だけをちぎって、水をつけながらゴシゴシと磨いていきます。この時、水を含ませたスポンジを置いておいて、水をたらしながら磨いたり、水道の水を少しずつ流して磨いたりします。全体を磨くことができたら次は下地塗料を塗って塗装の準備をすることで仕上がります。