Press "Enter" to skip to content

自宅プリントでオリジナルTシャツを作る方法

オリジナルTシャツは学校で運動会や文化祭のクラスTシャツとして作ったり、部活、サークルのチームTシャツ、同じ趣味を共有する仲間同士で作るファンTシャツとしても作ったりと着用する機会は多岐に渡ります。オリジナルTシャツはチームの士気を高めて団結力や結束力を芽生えさせ、仲間意識を高めさせるアイテムとして用いられています。そんなオリジナルTシャツですが、安く作る方法として業者へ発注したりまたは自分で制作したりする方法があります。手軽に作れるオリジナルTシャツですが、調べてみると業者によって違いがありますので、細かく見ていくといいと思います。ここではオリジナルTシャツをお安く作れる方法をご案内していきます。今後オリジナルTシャツを作る機会がある方は参考にしてください。

オリジナルTシャツを業者で作る場合

まず、インターネットによる業者への発注でのオリジナルTシャツの制作について説明が必要でしょう。オリジナルTシャツを制作するにあたり費用の内訳として、Tシャツ代、プリント代、版代、送料となり、また業者によってはデザイン料、データ作成料、修正料が別途発生する場合があります。ネットで検索すると驚くほどの低価格を目にしますが、取り扱っているTシャツの中であまりにも安価なものですと、ある一定の条件がついていることがありますので注意が必要です。また印刷に使うと色数、印刷範囲、印刷点数なども価格に影響します。欲しい枚数やデザインが決まっているようでしたら、その内容で数社へ見積依頼するといいと思います。価格と品質の観点から気に入ったオリジナルTシャツを作れる業者で作るといいでしょう。

オリジナルTシャツを自分で作る場合

ご自宅でもオリジナルTシャツを作成することができます。作り方はいくつかありますが、メジャーなものとして、アイロンプリント、サンラバー、シルクスクリーンがあります。アイロンプリントはアイロンと転写紙があれば手軽に作ることができます。サンラバーはアイロンプリントと同じようにアイロンでTシャツにデザインを貼り付けますが、転写と違い熱で貼り付けるので、アイロンプリントよりも耐久性に優れています。シルクスクリーンは版画の技法となるので専用の道具や材料が必要となります。この3つの中では、完成までに工程と時間を要しますが、完成度は1番高い仕上がりとなります。いずれも業者へ発注するよりも安く、こだわったデザインも取り入れやすいので、この世に1枚だけのオリジナリティが高いTシャツを作ることが出来ます。